幼なじみと遊びまくった週末

幼なじみと遊びまくった週末

土曜日、県外に就職して行った幼なじみのMちゃんが泊まりに来た。

Mちゃん、仕事でちょっとストレスが溜まってるみたいで、「この週末はとにかく遊びまくるから、付き合ってね」って。

いいよー、大好きなMちゃんとなら、どんなに遊んでも遊び足りないくらいだから。

段取りも何もかもMちゃんに任せてたから、私は何の準備も心構えもしないで待ってた。

土曜日の午前中、Mちゃんは大きな荷物を持ってやって来た。

一泊するのになんでこんなたくさん?って私がびっくりしてたら、Mちゃんは荷物から二人分の浴衣セットと水着を出して見せてくれた。

なるほど!

そして早速海へ。

近所の美味しいおにぎり屋さんで昼ご飯を調達して、電車に乗って20分で海岸に着いた。

人気のない砂浜を選んで、岩の上で水着に着替えて、浮き輪を持って海に入る。

浮いたり泳いだり、砂浜でおにぎり食べたり。

2人とも気が済むまで海に浸かってたら、太陽が夕方っぽくなってきた。

次の予定があるからそろそろ切り上げて、また岩の上で着替える。

他の人はいないと思っていたら、近くに家族づれがいたよ、びっくり。

いったんおうちに戻って、シャワー浴びて、次は浴衣に着替える。

私はMちゃんに着付けてもらって、Mちゃんは自分で着てた。

そしてまた電車に乗って、今度は30分の海岸へ。

花火大会だ。

海岸から海でうち上がる大きな花火を見ながら、ビールと焼きそば。

人がたくさんいて、夜店がいっぱい並んでて、色んな美味しい匂いと次々上がる花火。

あー、満足!すごく満足!

体力は減ったけど、心のHPは満タン。

Mちゃんありがとう!

また遊ぼうね。